ABOUT

COMPANY PROFILE

 師弟関係やファミリーで成り立っている集団が多い日本で、それ以外の集団の在り方を模索し、創り手と踊り手両方の視点を持つ実験的な集団として、日本の舞踊界に新たな方向性を提示してきました。これまでに、舞踊・舞踏・演劇・音楽・美術等幅広いジャンル、国境を越えた様々なアーティストとのコラボレイション活動を地道に積み上げ、豊かな共同創造活動等を公演として成功させてきました。

 2001年6月カンパニー名を「ダンス01」と改名。これまで培ってきたメンバー自身による制作運営と創造へのアプローチという両車輪を、更に積極的に先鋭化しています。

 アジアと自国の文化をマクロに見つめ、現代の抱える問題を捉えながら、日本のコンテンポラリーダンスを刺激し続ける集団です。2006年4月ダンス01は竹屋啓子、大西いづみ、関雅子の3人により、有限会社ダンス01としてリニューアルいたしました。

ACTIVITY CONTENTS

カンパニーは主に教育と創造の2つの活動があり、21世紀からの創造活動方針として4つの柱が立てられています。

  • 1:公演とスタジオ活動~現代舞踊の新しい表現様式と技法の確立
  • 2:情報の広場つくり~国内外のアーティストとの情報交換ネットワークの形成
  • 3:アウトリーチプログラム~現代舞踊の普及と観客育成
  • 4:シニアダンサーの為の作品創造とワークショップの開催

教育活動として3歳~中学生迄の子供達へのバレエ&コンテンポラリーダンスの指導、大人クラスでは、 グラハムテクニック、バレエ及び即興や新しい技法の発見のための実験的なワークショップを定期活動として続けています。

創造活動としてスタジオで行う実験室や劇場公演とアフタートーク、様々なコラボレーションの為のリサーチ等を、国内外やジャンルを問わず積極的に働きかけています。 以上のような創造活動を進めている舞踊団です。

MEMBER

竹屋啓子 Keiko TAKEYA

 東京生まれ。1975〜76年文化庁在外研修員としてNYに留学、グラハムカンパニーメンバーとなり、帰国後も国内外で活発な活動を行う。

 

 1993年から2003年までの10年間、インドネシア、タイ、マレーシア、インドの芸術家との共同での作品創作、両国上演の企画「ダンス東風」を行う。 その他、EUフェスティバル招聘作品も手がける。国内での上演にとどまらず海外との交流も積極的に行っている。

 近年はソロ作品に創造活動の中心を移し『HER VOICE』を鴎座で継続上演中。

関雅子 Masako Seki

 京都府出身。スピード感とシャープな身体の切れ味が魅力なダンサーとして、カンパニー創設以来舞台活動を続けている。

 ジャンルを問わず様々なコラボレーション作品に参加。近年は身体構造やディテールにこだわった作品『(the)PATH』(2011年2013年座・高円寺)他多数発表。

 

 ダンス01/バレエクリスタル(子供)モダンクラスにおいて後進の指導、埼玉芸術総合高校非常勤講師として指導に関わっている。

武田幹也 Kanya TAKEDA

 1982年秋田県鷹巣生まれ。01年進学のために上京、在学中に舞踏に出会い、ソロ公演を積み重ねる。

 また、舞踏をはじめる同時期よりダンス01にてモダンダンスやクラシックバレエの訓練を受け、最近は同世代のコンテンポラリーダンサーとの共同制作も行っている。

 ダンス01公演『破格(2014)』(中国招聘にて上演)、『デッドマンズホワイト(2015)』、『0キロポスト(2016)』では独自の作風で好評を得る。2016年1月には単独舞踏公演もおこなう。

小泉憲央 Norio KOIZUMI

 桐朋学園演劇科卒業。東京アンサンブル、西田堯舞踊団を経て、ダンス01研修生から2016年よりメンバーとなる。

 

 ダンス01本公演や実験室公演では『水のなかから水のなかへ』他、多数振付・出演。

仲道泰貴 Yasukata NAKAMICHI

 沖縄県石垣市出身。2013年からダンス01研修生を経て、2018年よりメンバーとなる。座・高円寺「劇場創造アカデミー」修了(3期生)。

 アカデミー修了生と立ち上げた劇団「noyR」所属。ダンスの他に俳優としても活動。

CLASS SCHEDULE